<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

っつーか、チビ蓮ビオランテ。もしくはハゲてる話。

このブログは海水魚の飼育日記の筈!と昔も書いた気がするが、今日ひっさびさに色白美人のスターポリプさんに毛が生えてきました。

b0026541_1133971.jpg
↑色が白いため勝手に耽美に映り栄えするスターポリプさん。昨日までは禿げてたくせに。

こいつの横で元気にフッサフサ毛を生やしている蛍光色のスターポリプさんもそうでしたが、スターポリプって強いくせに挫折する時期があるんでしょうか。。

おら。。こんなとこ連れられてきてもうダメだ。。

たしか蛍光色の方もなんかのきっかけで禿げあがり、約1ヶ月程は「カツラがあれば貸してやりたい。」期間がありました。心配のあまりカッポの方が禿げあがりそうでしたが。

今回も結構前に色白美人が挫折し、しばらく禿げておりました。またしても禿げあがりそうなカッポ。

生えてくるから。

フッサフサの毛を持つ嫁は断言します。

またフッサフサになるから。

禿げても生き様がカッコ良ければ「別にいいんじゃないの~」な嫁ですが、スターポリプさんが禿げるとこれはちとまずい。ヨメは毎日色白美人にハッパを掛けておりました。

ほれ、禿げると苔むしてインディとかにペッタラペッタラされちゃうんだぜぃ。
それはぁアアア~~~

そう思ったかは謎ですが、見事に復活した色白さん。今日も耽美にポリプが開いております。

さて。地上では蓮ベイビ~がビオランテ化してまりました。種の中身も発芽しちゃって空になってきたらしくプカプカ浮いております。これはいかん。。早く植えてやらねば。。

b0026541_11354929.jpg
↑ ビオランテ化進行中の蓮ベイビ~。根っこまで出てきました。

b0026541_11364354.jpg
↑ 昨日撮った写真。今日は根っこまで毛が生えて(根毛だっっ)きました。

ようやく桶もゲットして(いい感じに鄙びてます。大きさも申し分なく何よりも値段が3つで1500円。ヤフオク様様。。)これで3つは蓮桶が作れるぜ。

b0026541_11382289.jpg
↑ 1個は写ってないけど誰もビットしなかったんで嫁の手に渡った桶。右の睡蓮鉢も早く睡蓮を入れねば。。

そんな訳で今日チビ蓮ビオランテは植えてやろうと思ってマス。遅咲きのビオトープ。初秋に向けてGo ~~♪
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-31 11:40 | マリンアクアリウム

今日は特にないでござる。

今日は1日中出掛けていたので特に何事もなく。東三でICカードの身体情報を登録してきたのだ。ところで

手の平静脈とゆーのは手が大きくなったり小さくなったりしても使えるのかね。

誰もがふと思ってはみるものの自嘲な笑いを浮かべそうな素朴な疑問を声に出してカッポに言ってみたら

手の平大きくならないから

と言われました。そうか。。でもじゃあお婆ちゃんとかになって体が小さくなるじゃない。そん時も手の平は小さくならんのかね。。

このとんちのような質問を投げかけるとカッポも悩んでおりました。質問に悩んでいるのか嫁に悩んでいるのか。。恐ろしくて聞けませんな。

帰ってみて水槽を覗くと昨日から気になっていた水槽の変化が今日も。。

其の一 : スターポリプの色白ベッピンさんがポリプを開かない。
其の二 : その色白ベッピンさん周辺の砂がなぜか舞い上がっている
其の三 : 色白ベッピンイソギンがとんでもなく元気がない。。

ど~なんでしょうか、いけてないような気がするのですが。。でも「其の二」なんか、なんだか砂の中の誰かさんを期待させちゃいそうな感じでしょ?嫁、そんな嬉しい妄想を膨らまして餌をばら撒いてみました。砂の中の誰かさんが出てきた時にヒモジイ思いをしなくて済むように。母心。

でもそんな事知ったこっちゃねぇチビチビ~’s は餌の取り合いに必死。おむすびまで参戦して大変な騒動に。そ、そんなに食べたらライム坊やの分が残らないじゃんかぁー!!

もう嫁、鯉に餌やるようにばら撒きたいですわ。ザザザーッとな。食い意地ばっかり張ったチビチビ~’s め!お前達はごく潰しか!そうじゃないだろうー!!初めて我が家の水槽に来た時の事を思い出すんだ!!もっと志高かったはずだ!!(謎)。。うう。。涙。

b0026541_17231053.jpg
↑ おいらは小さくて黄色くてプリチ~☆だった頃の記憶なんて無いぞな~ゴンゲー!! と真っ黒黒助なインディーさん。もうすぐお誕生日です。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-26 17:25 | マリンアクアリウム

この試練。。なんなんだ。。

一昨日のこと。。チビチビ~’s の快適な海水ライフを確保すべく水換えを実施した嫁。そんな素敵な嫁を嘲笑うかのようなできごとが。

b0026541_14565555.jpg
↑ 嫁はいつも一人大わらわだな。(by インディ心の声)

なんと、バイコムアーク60水槽の心臓であるポンプが突如活動停止。Lio600 。。なんて早すぎる死なんだ。。

これまでもちょっと動きが悪い事が多々ありましたわ。騙し騙し使っておりましたがな。だって、3月に立ち上げたばっかりなんですよ。寿命じゃないわな。

うんともすんとも言わぬポンプを睨みながら水槽を覗きこむ嫁。心なしかチビチビ~’s の顔に不安が浮かび上がっています。

b0026541_14583123.jpg
↑ まったく落ち着かない水槽だな(by マロン心の声)← 水槽内が落ち着かないのは、お前と。。

b0026541_15175848.jpg
↑ お前のせいだ!

おい、嫁。大丈夫なんか~。。エヴァンゲリオンの腹ん中みたく水が濁って「ゲホッ、血の味。。」とかってシンジみたくならんだろうな。。(意味の分からない方は流しちゃってください)

そんな感じでしょうか。水換えしたばかりなんで即効チビチビ~’s に何かあるとは思えませんが、今日出掛けなくともどうせ明日にはポンプ探しの旅に出ねばならぬよな。。と重い腰を上げてポンプ探しの旅に旅立ったのでありました。本当に面倒くさかった。。だってこの日は力仕事ばっかりの家事をやる予定で、ちゃくちゃくと力仕事をこなしていたので。。最後の一仕事、水換えでこんな目に遭うなんて、なんて可哀想で可愛く美人な(!せっかくなんで付け加えておこう)嫁なんだ。。

結論。Lio シリーズのポンプは定番だと思っていました。でもなかなか見つからず大変な目に遭いました。それこそ西から東へ、近所から新宿まで出る羽目に。近所(と言っても乗り換えが1回ある遠くの町じゃ)で済むと思っていたからひどい格好してるし。そして新宿でも600サイズは見つからず、結局同じLio の一つ小さいサイズ400 を購入する羽目に。なんなんだ、今日は。。

b0026541_1571299.jpg
↑ 嫁が構える「カメラ」とやらは寿命を吸うという恐ろしい機械ですかい? ばりにいつもカメラに撮らせてくれないモッチー

ひどい格好なんで知人に会わぬか挙動不審に動きつつ(新宿は嫁の働いていた場所があるので知り合いも歩いている可能性は多々ありなのです)電車に乗り込みます。。ふー。。このまま二子玉まで出て買い物して帰るか。。

b0026541_1595131.jpg
↑ 気に食わねえ奴はチクリとやっちゃうぜぃ。。地味ながらやっぱり荒ぶる魂か、スイーパー触手が宙を舞います。

二子玉はホームグラウンド気分なんで格好なんてもうどうでもいいさ。とスーパーに立ち寄ったんですが、この長い放浪の末、最後に嫁に課せられた試練は本当にひどい物でした。

THE 大雨。

嫁、台風が来るのをうっかり忘れてました。ってか近所で済むと思っていたので洗濯物干したまま出ちゃったよ。おまけに部屋の換気のために窓もちょこっと開けてたよ。急いで帰るために駅までチャリで来ちゃったよ。。

そんでもって屋上の窓を閉め忘れていたよ!!

帰ってびっくりたまげました。部屋の中に大きな水溜りが。。

ど、どこかのカエルさんが引越してきましたか?

水溜りは階段を勝手に下りて下の階へと進もうとしている段階でした。こら待て。

急いで窓を閉め、ぞうきんでは吸い取れない程でっかく育った水溜りをバスタオル2枚で食い止めます。窓の周りはどこも水浸し。洗濯物もビッチョリで寝ぼけ眼の末息子「ブル」も興味深々。。お、お前はあっちへ行っていろ!

あ~、大変だったよ。だいたい台風が来るのって今日(25日)じゃん。。

小雨になる度に蒸し風呂のような部屋の換気をする嫁。嘲笑うかのように窓を開けるとザザ降りになる雨。そんな今日の雨模様と睨めっこしながら今日も嫁の1日は始まっているのでした。。

b0026541_1512437.jpg
↑ 今、嫁の心をピュアにさせる蓮ベイビ~。君はすれずに育てよ。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-25 15:12 | マリンアクアリウム

エプソン品川アクアスタジアムのお次はドイツ気分。

水族館を出た後は高輪プリンスホテルで今開催しているドイツ展みたいなもんに行きました。フ○テレビジョンが開催しているようでしたが、水族館並みに入場料を取られるので要注意です。嫁、一旦は入場するのを止めようと入場券売り場の前で引き返してみました!!だって、明らかに寂しそうな雰囲気が漂っていたんだもん。。でもカッポの

熊見たいんでしょ?

の一言に嫌々ながら(なぜお前が見たがっているのに「嫌々」なのだ。。)入場。
中はお土産屋みたいになっているんですが、ショップもたくさんある訳じゃないです。ただテディベアのシュタイフ社の展示があるんですがこれは良かった!このドイツ展(みたいなの)の入場料は全てシュタイフのためと思うのが良かろう!シュタイフが好きな人は行くと楽しいと思います。8月末まで。念願のヴィンテージアニマルもいっぱい見れて写真も撮って「来て~よかった」と思いました。ただし!

シュタイフが好きじゃないと入ってはならぬ。。

b0026541_9563545.jpg
↑ 長い!圧巻!! こんなのが3つくらいあります。からくり縫いぐるみどもが仕事してたり忙しなく動いていて感動。。

b0026541_9583222.jpg
↑ 憧れのBULLYども。。是非我が家の「ブル」と一緒に愛でたい。。

b0026541_1002928.jpg
↑レプリカと言えどすでにヴィンテージ。 ヴィンテージならではの色あせ感、生活感がたまらなく良いです。時代を超越しているぞ。

b0026541_1005898.jpg
↑ グラスアイの「いっちゃった」感が好きなのですが、1匹、悪そうな奴を発見してしまいました。。そこの赤いの、お前だ。

クリスマスの時期なんかに展示するらしい全長20メートル以上のシュタイフのからくり(20メートルの街並みの中で動物達がからくりで動いています。圧巻!)なんかも見れて楽しいんですが、テディベアに興味がないと本当に無駄金使った気分になると思うんですが、、フジ○テレビジョンさん?って感じじゃ。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-23 10:01 | 雑記

そして「エプソン品川アクアスタジアム」へ。

昨日は品川にある「エプソン品川アクアスタジアム」に行ってきました。
ここんとこ水族館巡りしまくりのカッポと嫁。近いうちに江ノ島水族館にも出没しそうな予感です。

品川アクアスタジアムはJR品川駅からすぐのところにあります。水族館意外にもアトラクションやらレストランやらがあるビルで、そのビルに入るための列ができておりました。一応「待ち時間45分」でしたが、20分強くらいで入れたかな。ビルの中に入れば並んだりという事はありませんでした。水族館内もすぐに入れたし。

感想を一言で言うと「まあまあ」。どうしても街中の水族館では限界があるんだな、という感じです。吉本の水族館もそうでしたがどうしても魚の種類が少ない~。あと、館内の導線がめちゃくちゃ(フロアが狭いので導線を作れないのかも)で無意味に混雑していたような気が。
でも交通の便はいいし、イルカのショーやアシカのショー、ペンギンもやっていて、子供と一緒に行くにはいいと思います。中も広くはないので歩き回って疲れる事もないし。カップルなんかはその後品川の駅ビルをフラフラしたり、高級スーパー「DEAN&DELUCA」も駅ビル内もあったりと意外に遊べます。

さて。「エプソン品川アクアスタジアム」。ここの目玉は「サメとエイの海中トンネル」です。サメは小さい子ばかりでしたが、ノコギリエイ(「グリーンソーフィッシュ」と「ドワーフソーフィッシュ」)は大きくておもしろかったです。特にドワーフソーフィッシュは世界唯一の展示だそう。
このトンネルにはウシバナトビエイやらマダラトビエイもおりました。ラパスでは「モブラ」と言われる群れ行動を取るエイがいるんですが、そのエイもいたような。。もしかしたら前述のどっちかのエイかもしれません。このモブラはかさ高い体をしていてジット見ていると遊泳の途中に寄ってくるんで可愛かったっす。もう「かさ高い」ってだけで小太りな感じがたまりませんが、筋肉質なんだよな、きっと。

b0026541_10301873.jpg
↑ そんなもんを振り回すなんて冗談か?と思われるノコギリエイさん。

b0026541_10315164.jpg
↑ たぶん「モブラ」海では水面を飛びます。

他にもいろいろ魚はいるんですが、夏休みでちょっと人混みにうんざりしてそうな「マンボウ」が切なかった。寝ていただけかもしれんが。水槽下方の角でグッタリしていました。。

b0026541_10322465.jpg
↑ 「気持ち悪い」と皆に大うけだったオオカミウオさん。顔が悪いだけなのに。。

b0026541_10345858.jpg
↑ 馬鹿みたいででかかったフサギンポさん。カッポが狂喜乱舞しててちょっと意味分からんかった。子供の腕くらいには育っていたのでそこにはまったらしい。


ショーはイルカとアシカがあるんですが、イルカの方がプールが大きいみたい。ショーではカマイルカとバンドウイルカが出てきましたが物凄いジャンプ力を見せてくれました。特にバンドウイルカのジャンプでは前から3列目までの席はびしょぬれだそうです。イルカ、ここぞとばかりに水しぶきを上げまくって笑えたぞ。

b0026541_1037521.jpg
↑ ここのバンドウイルカは6メートルくらいジャンプするそう。カマイルカのジャンプもすごかった。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-22 10:37 | マリンアクアリウム

横浜中華街 よしもと水族館潜入。

先週のお話ですが、横浜中華街にあります吉本の水族館へ行ってまいりました。

オープンしたての頃テレビで宣伝しているのを見ていたんですが、宣伝の様子だと海水魚を飼っている人間にはお馴染みのチビチビ~’s ばかりの様子。フロアもそんなに大きくなさそうだし、気軽に行ってみることができそう。。

そんな訳でよしもと水族館に到着。水族館のアカデミックな部分を楽しむとゆーよりは、吉本ならではのおちゃらけを楽しみつつ魚の生態を知る。。というやっぱり気軽な水族館でした。中華街散策の合間にはいいみたい。

こちらのキャラクター、「モンツキカエルウオ」です。おもしろいよねー。なんて地味なんだ。素敵すぎる。。イルカとかよりおもしろくて嫁は気に入りました。
ついでに常設展示かどうかは知らないんですが、同じフロアに「魚の子供を集めた部屋」があります。なんと海亀の子供までおりました。こちらのキャラクターは「ダンゴウオ」。「ダンゴウオ」なんてダイビングとか海水魚飼ってないと知らんぞ、普通―。この生き物は冬の伊豆なんかで見れますが、「本物のドラクエのスライム」です。目つきとかそっくり。可愛いぞ。冷たいとこが好きなんで今頃の伊豆では見かけません。

うーん、キャラクターも可愛いし、チビチビ~’s も可愛いし、レジャーとして1日のメインになるには物足りないけど横浜に遊びに来たついでになら寄ってみるといいんじゃないでしょうか。

そんな大人な感想を持ちながらフワフワ水槽を覗いていたんですが、嫁がフリーズする時がやってきました。。

こ、これは。。(号泣の予感)

ボウちゃん!ボウちゃんじゃないのぉおおおおお!!!

b0026541_10541920.jpg
↑一人飛翔するボウ。顔にモヤモヤも無く元気です。

そう。その水槽ではでっかいセミホウボウが楽しげに遊泳していたのでありました。でっかいと言っても八センチくらいでしょうか。。まだ子供。。

b0026541_10552510.jpg
↑ 立派になれよ。。ママンが遠くで見守るぞ。

水槽は竜宮城をイメージした水槽で、竜宮城もあれば、サンゴ、ライブロックみたいな岩もゴロゴロ。水槽自体は180くらいありそうでしたが、こんなに立派にボウボウが育っているのを見て涙した嫁でありました。でっかいのがやって来た可能性もあるが。

赤ちゃん水槽にもセミホウボウの子供が。なんなんだ、ここは。セミホウボウの遭遇率が高いぞ。

b0026541_1056316.jpg
↑ 赤ちゃん水槽にて。こっちは色が薄くてすれてない感じがよろしい。真っ直ぐ育てよ。


複雑な気持ちと上野動物園の「コモドオオトカゲ」同様、見守るべき生き物にまた出会ってしまい、なんだか嬉しい嫁でありました。そういやー最近上野動物園に行ってないな。

ビバリウム内の「コモドオオトカゲ」情報求める!大きくなったでしょうか。。
前足の片方が無いでっけぇワニも頑張っているでしょうか。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-21 10:56 | マリンアクアリウム

ついにビオトープする嫁!

こんにちワン。末息子のブルでち。実はママンはまだヒソ~リと長男のライムお兄ちゃんが生きていると信じているでち。ブルのミニミニ情報でした。。

今日は植物のお話をば。暑さと湿気が大好きなブラックキャットさん(タロイモ科)は少々バテ気味なんですが、現在、ブラックキャットのルームメイト(?ブラックキャットの居る玄関先で植え替えの待機中)時計草さんが初めて花を咲かせてくれました。

b0026541_1124192.jpg
↑何やら催眠術を掛けられそうな時計草さん。。目が回ります。

時計草ってこんな花なんですね。。この時計草はベランダの目隠し用にアケビの横に植えてやろうと購入したんですが、購入した時は葉とつると、あと、、何だ?よく分からん緑の双葉をでっかくしたみたいなのがあったんで、てっきり緑一色の植物だと思い込んでおりました。むしろ双葉の形した何かが花かと思っていたよ!我が家のベランダは一応白と緑を基調にしていたんでちょうどいいと思ったんですが。。時計草の花に気付いた時には驚きましたが、大層ノスタルジックな形と色の花で思わぬプレゼントをもらった気分になりました♪

そして。ようやく我が家もビオトープに手を出すことにいたしました。と言ってももう8月も半ばですが。。たまたま入ったホームセンターで安くてでかい睡蓮鉢を見かけまして、ずっと素朴な睡蓮鉢を探していた嫁にズキュンドキュンだった訳です。睡蓮鉢って高くない~?大きいのもなかなか見つからないし。ずっと探してはいたんですが、

「思うような大きさではないが、仕方有るまい。。一体いくらだね?高っっ!!!

こんな感じが続いていたんですよ。。何せここんとこの嫁のカバンには必ず憧れのADAの「水辺通信(ビオトープのパンフ)」が入っておりましたから。もうこのパンフ、ボロボロですわ。ADAの物自体は高いんで、これを参考に植物やらを探していたんですが、睡蓮鉢の方はこの前来た時には無かったホームセンターで思わず見つけてしまいました(後日、家に届けられた鉢にADAのパンフが付いてきた。。ADAの一番安いタイプの鉢だったらしい。結局ADAだよ!)。しかも鉢が見つかったんでようやく中身を購入できる。。という訳で先日我が家のビオトープ候補第一号を連れ帰りました。

ビオトープっちゅーと蓮や睡蓮、ガマやトクサですよね。カッポが睡蓮が好きらしいんですが、嫁はどっちかと言われれば蓮の方が好きなんで(あの下に何が埋まっているか想像を掻き立てられるところがたまらん。。蓮根しか埋まってないんでしょうが。)、睡蓮鉢でも買えそうなを探しに出かけました(カッポの希望も近いうちにきっと叶いますよ!!)。

が。

ショップに行って目に留まったのがでかい!「古代蓮」。嫁即購入。。でございます。しかも水生植物は配達してもらえないだとかで、どうやって帰っていいかも分からんまま(ま、近所だしタクシーで帰るか、と思った)カッポのお休みの日までお取り置きです。問題はそれだけではありません。すでにでかいこの蓮。たぶん睡蓮鉢では浅すぎるような気がします!

が。

それもまあ何とかなるさ、でご機嫌麗しゅう帰路に着く嫁。むちゃくちゃです。結局我が家にやってきた古代蓮は、古い桶を探して今入っているバケツごとカポッとはめる事に致しました。そんな訳で桶探してます

蓮 : う~む、、これは大変な家に連れて行かれそうだ。。何よりもあの女(=嫁)、要注意人物だな。。

先週の土曜にようやく連れ帰ったこんな古代蓮。なんと今日見事に花を咲かせてくれました。

b0026541_1133126.jpg
↑ 住めば都。。きっとあの女(=嫁)も大事に余を扱ってくれるであろう。。豪快なだけで悪気は無さそうだしな。

ついでに。先に花が終わったところに種らしき物が入っていたんでとりあえず水栽培してみる事にしました。以下手順↓

1.蓮の種は外皮が硬いので、小さな穴があいている方をカッターかヤスリで削ってやる(ヤスリは熱くなるのでなるべく熱くならないように冷やしながらやってね)。

2.あとはコップに水を張ってトプンと入れておく。

これで2,3日後くらいから芽が出るそうです。水は毎日取り替えてやりましょう。水がひどく濁るようなら腐っているかもしれません。嫁は手順1で中身が見えるほど穴を広げたんですが、今日見事に芽が出てきました。

b0026541_114869.jpg


蓮って、種から発芽して大きくなった物は前の蓮と違う扱いになるそうです。。嫁、いろんなサイトさんを回って流し読みしていたんで詳しくは分からないんですが、例えば今回嫁んちで発芽したこの子。「古代蓮」とは言わないって事なんかなー。レンコン分けてもらって育った子は親と同じ種類として扱われるそうですよ。なんか、嫁が間違えて理解しているようにも思うが。。まあ気にすんな!

このまま上手く育ってくれると嬉しいな~。頑張れよ~♪と蓮ベイビ~をキッチンにある

「お前たち自体は食えんが、我が家にひょんな事からやってきた種さん家庭菜園」(菜園じゃないけど)

の場所へ移動。横には前の家から御一緒のアボガド1号と、蓮ベイビ~と同じ日に育て始めたアボガド2号が仲良く並んでおります。アボガドは底が広い方を水に当ててやればオッケー。ただし発芽には時間がかなりかかります。うちの2号は実は食べれる部分が腐っていたからもしかしたらダメかも。。でもまあ水を毎日取り替えてやるだけなんでしばらくは様子を見てみます。頑張れベイビ~。

b0026541_114857.jpg
↑ 実は1号も瀕死の重傷中。根が折れた。


[PR]
by umiwarabe | 2005-08-20 11:04 | 雑記

水槽のライトの話じゃけぇ~

宇佐美のダイビング ログ、2ページ使って更新しました。一度に更新しまくりですが、勢いのある時に更新しとかないと、またいつ滞るか分からんので。。

スクロールして全部見てくれよ。

-------------------------------------------------------------

さて。今日はライトの話をば。

いつかはライトの話もするぞ。。と意気込んでおったんですが、意外にあっさりと忘れておりました。いや、忘れたフリをしておりました。だって、ライトを見る度にブルーになるんだもん。。

現在使用している我が家のライトは3種類。内1つは30㎝キューブ水槽時代から使っている蛍光灯:コトブキ工芸のピクシーネオ。これは今60㎝水槽のサブライト的な位置づけで使用しております。青い光の蛍光灯を使用。

我が家のイソギンどもを連れ帰る際、サンゴイソギンチャクなら蛍光灯でも飼う事できるという事で急遽購入したライトですが、安い(3000円くらい)ながらも頑張ってくれているんです。ちなみに最近のイソギンはちょっち枯れ気味(?)なんで、やっぱ蛍光灯だけじゃ厳しいみたいです(飼えるのは飼えるけどさ)。。やっぱり蛍光灯の青ライトじゃ波長がダメなんでしょうか。

さて。イソギンどもだけでは飽き足らなくなった頃、我が家も例に漏れずサンゴ購入に。となると問題になるのがライトですわ。イソギンなら騙せてもサンゴは騙せん。。水槽も増えた。。そんな事が重なって水槽全体を照らしてくれるメタハラが本当は欲しいところでしたが、懐具合と「夜の海を表現したい」とゆーカッポの希望でLEDライトの購入に至りました。メタハラのように熱くならず、明るい。そしてメタハラに比べれば値段も安いし省エネ。といい事ずくしのようなライト。我が家で購入したLEDはクラマタ産業:ニューズアローデュエ(ホワイト&ブルー)、そしてその後結局追加購入してしまった同じニューーズアロー(ホワイト)です。

b0026541_12511211.jpg
↑「写真の使いまわし」とかゆ~な。左からニューズアロー ホワイト、ニューズアローデュエ ブルー、ピクシーネオ

By the way。。我が家はライトを吊るすバーがありません。水槽も濾過槽一体型のバイコムア-クのため、市販の水槽設置型ライトバーが使えるかどうかは謎。そんな訳でチマチマクリップ式のライトを購入しております。。

ニューズアローのシリーズはスポットライトです。そんな事分かっていたんですが、つい大丈夫かな~と思って購入したカッポ。やっぱりスポットライトでしたっっ(当たり前だ!!)だから水槽全体に光が届かない。。イソギンやサンゴは水槽にじんわり広がっているんでできれば水槽全体に光が欲しい。。おまけにサンゴなんかの蛍光灯カラーのやつは白いライトだとだんだん色が褪せてくるんだそうですね。そんな訳で最初に購入したニューズアローデュエ(ホワイト&ブルー)のホワイトをブルーにしたいカッポはヨメに直談判。結局単体のブルーを購入し、デュエのホワイトと取り替えたのでありました(怒)。

あまった単体ホワイトは現在とりあえず水槽に付けている状態でもしかしたら必要ないかも。。こちらもやっぱりスポットライトなんで水槽を明るく照らしてくれる訳じゃないです。レーザー光線で空気中では5メートル以上光が届くそうですが、うちの水槽水深5メートルもねえよっっ。

少しでも水槽全体に光を当てたいならやっぱりメタハラなんでしょうか。ライトを追加するにあたり30㎝キューブでマリンプランツ牧場を作っている嫁はカッポにお願いしてメタハラのクリップ式ライトも購入してもらいました(やっぱ植物は光合成命ですからね。ちゃっかりしているのです)。今は家の中の昼尚暗い場所に水槽を設置しているんですが、ご覧の通り。メタハラ1本で目にも優しいマリンプランツ牧場が広がっております。

b0026541_12482333.jpg


b0026541_1250887.jpg
↑光源はメタハラのみ。

30㎝キューブなら水槽全体に光が行き届いている感じですよね。購入したのは岡村電産:スーパークール70(たぶん)。LEDに比べれば値は張るしライトも熱くなりますが、光はバッチリです。

ゆくゆくは吊り下げ式のでっかいライトでまとめたいんですが。。ずずいっと先の事になりそうじゃ~。まあ中のチビチビ~’s が元気だからいいかっっ♪
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-19 12:51 | マリンアクアリウム

宇佐美 ログ:ビーチ編

宇佐美ダイビングセンター3本目はビーチを潜りました。

もう既に夕方になりそうな午後。ビーチではカッポと2人、コンパス見ながらのダイビングです。恐ろしい事にカッポのメインコンパスが壊れており、頼りは嫁のコンパスとカッポの簡易コンパス(簡易だけど小さいだけでちゃんと使えますよ)。

嫁が位置を把握できなくなったら死ぬんだろうか。。(いやいや、頑張れよ)

そんな気がしなくもないですが、ここのビーチは北側にあるんで万が一でも北に向かって進めばなんとかなります。そんな遠くに行かないし。ただし、ビーチは全て航路。海面に頭を出すと危ないのでちゃんとエントリースロープまで戻らねばならぬぞよ。

ナビも兼ねててちょっとドキドキですが(とは言えカッポは嫁を信じていないので自分でも確認してます。ちゃんと2人とも把握しておかないといけないしね)、なんと、今日は嫁の水中カメラマンデビューの日。今までカメラを持って潜るカッポをちょっと疎ましく思っておりましたが↓

だって、カメラ持ってるとガイドから離れちゃう時だってあるし、ずっと同じ所から動かないから嫁は寒くて死にそうになるんだよ!!ラパスで海の中で偏頭痛起きてつらかった時もカッポはバラクーダーの群れに狂喜乱舞で側に居てくれなかったしさっっ!!

そんな理由があるのだ。世の水中カメラを持つ人々よ、許せ。

チビチビ~'s の写真を撮り始めてそろそろ海の中でも撮ってみたかったのでちょうど良いとカッポのカメラを奪い水中写真に挑戦しました。

でも嫁、寒がりな上に波酔いするんだよ~。最悪なんだよ~。しかも。

エントリーしてすぐにシリキルリスズメダイみたいな子達を見つけちゃったから波があるのにジッと撮ってたよ~。馬鹿だよ~~。。← 後でカッポにあんな小さい子達はマクロレンズがないと無理だし、あっても難しいんだから。。と言われる。でも撮ったぞ。

b0026541_1230272.jpg


さっそく波酔いを感じなくもない嫁。だがカッポはそんな事を露とも知らずどんどんGoサインを出します。行きますよ。。ええ、フィンキックしますとも。。

では嫁が撮った貴重な写真をば。サラサエビの親とベイビ~達が岩場でワラワラしてて可愛かったよ。

b0026541_123153.jpg
↑ おかん

b0026541_12315297.jpg
↑ その子供

そしてなんと!まるで嫁のカメラデビューを祝うかのように立派なミノカサゴのペアがvv 美しい~~!!

ほれ、ヨメ、デビューおめでとー。何なら撮らせてあげてもいいけどー。

b0026541_12322597.jpg
↑ペアが離れていたので嫁の技量では2匹同時撮影は無理でした。。

そんな感じでしつこい嫁にも当たりは優しく、しばらくするとゆっくりどこぞへか行ってしまいました。。

帰り際にはアオリイカのベイビー達に遭遇。編隊を組んで水面付近を颯爽と泳いでおりました。颯爽としつつも波に翻弄されているところが可愛かった。。

b0026541_12341292.jpg
↑ カッポ撮影。水面付近で小さく透明。おまけに近づくと逃げるので撮るの難しい~。

楽しい1日でした。そしてどっぷり疲れたよ。嫁、前の晩寝れなかったから帰って即効爆睡でした。だいたいいつも怖い夢を見ているんですが(何かストレスが。。?)、夢も見ないですっきりでした。

おまけ:
ボートで潜った時の追加写真。カッポ撮影

b0026541_12352667.jpg
↑ ヒフキヨウジ。初めて見ました。子供らしいけどでかかった。。タツノオトシゴをでかくして伸ばしたみたいです。

b0026541_12373860.jpg
↑来たーー!!!ベラっっ!!! キモっとか思ったらやっぱりベラだった。。オハグロベラの婚姻色。普段はもっと地味らし~。ライムちゃんの面影がなくも。。ない。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-18 12:38 | ダイビング

宇佐美 ログ情報は後で載せるずら。とりあえず写真だけ。。

とりあえず写真をば。まだまだあるんですが・・コメントとかは後じゃ。 ← 更新したぞ!

宇佐美ダイビングセンター ('05/8/15)

ポイント:
1本目・カーゴ石 (ボートダイビング)
2本目・長根(ボート)
3本目・ビーチ


フルウェット5㎜スーツ + フード付きベスト(フードはモジモジ君になるのでせず)
平均水温22℃(ただし、水深15~18mはたぶん18℃くらい)

カーゴ石:
マツカサウオ、 アカホシカクレエビ、 トビエイ、 ハナオトメウミウシ、 ベッコウタマガイ(うん☆みたいなやつです。ウミウシの仲間だって)、 オハグロベラ


長根:
オルトマンワラエビ(我が家の「おむすび」に似た子だが、こっちの方がめんこい)、 ヒフキヨウジの子供(でっかいヨウジウオ) 、 アナゴ(砂から顔だけ出してた)、 サツマカサゴ、 ビニイザリウオ(きれい!岩陰に潜んでいるくせに派手!)、 トラフケボリタカラガイ(トラ柄の小さい宝貝)

b0026541_11524342.jpg
↑ いつも側にいた(?)フグ。いっぱいおりました。

b0026541_11524392.jpg
↑ 自然界で初めて見たよ!マツカサウオ。岩影に潜んでおりましたが、素晴らしい黄金色でした!

b0026541_11552450.jpg
↑ でけえ!6㎝はあったぞ。ハナオトメウミウシ…「花乙女」。。またドスコイ系かよ。。

b0026541_11553353.jpg
↑ サツマカサゴ。白いカサゴです。

b0026541_1157342.jpg
↑ おおっモ~レイ~。ウツボはよっけ(=たくさん)おりましたが、皆小ぶりでした。シャ~シャ~します。

知っておくとちょっと嬉しいミニ知識をガイドさんが伝授してくれました!

其の一:マツカサウオの肌触りはストッキングをザラザラの痛んだ手で触った時のような感触。しかもトロ~リ~なので結構簡単に捕まる。しかもザラザラしているので捕まえると逃げにくい。伊豆大島のポイントでは鬼のようにワラワラ マツカサウオが居る所があって、その岩陰に手を突っ込むと指の間にビチビチとマツカサウオが引っかかるぞ。

其の二:海の生き物はトラ柄だと「フ」がなぜか付いてくる。「トラフケボリタカラガイ」とか「トラフカラッパ(満腹君みたいなトラ柄の蟹じゃ)」とか。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-17 11:57 | ダイビング


海カッパ(マリンアクアリスト)に憧れる陸カッポが海水魚飼育に挑戦、日々の奮闘を綴…ってないので嫁が綴る。


by umiwarabe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

カテゴリ

全体
マリンアクアリウム
ダイビング
雑記
LA PAZ
移動するハゲの謎
チェコ旅(+オーストリア)
モルディブ旅
'06 チェコ・フランスふらふら旅
'06 タヒチ
未分類

リンク

最新のトラックバック

[博物館]国立科学博物館..
from 風のまにまに(by iron..
インドカエルウオ
from やってみっか!
ホウボウ飼育は珍しい
from Coralisland 海水..
『史上最大の動物』
from シーラカンスの憂鬱

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧