<   2005年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ただの肥満児

備忘録。

本日ようやくライムのうん☆を確認。

便秘じゃなかった。ただのライムどんだったー。。いろんな意味で涙 (T_T)
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-29 11:09 | マリンアクアリウム

2週間換水

チェコ旅行。。忘れていませんぜ。ただ電話回線なもんで、のんびりしてられんのです。早くブロードバンドつなげたいんですが…まだなのかー。。業者さん。。

カッポが「カッポじゃもう何だか分からないから 『カッパ』 に直しなさい。」と言われたのですが。

其の一 : このブログは既に嫁がメイン

其の二 : 「カッポ」なんて既に記号でしか非ず。

其の三 : 「カッ」でも「カッ」でも誰も気にしない。

以上3点をようやく伝える事ができました。悔しかったらブログに参加してみろってんだい!フンッフンッ(←鼻息)

-----------------------------------------------------

では備忘録。。

昨日初めての 1/3 換水を決行。先週まではボウボウの全換水の時に海水を60㎝から少し分けていたので毎日チマチマは換水していたのです。

カッポは「まだいい」とかなり換水を拒否っていましたが、無視して敢行。怒り顔で嫁がやっているのを見て雲行きを察知。イソイソ手伝いにきました。悔しい事に男手はあるとありがたい。

これからは素直に従うように。何もしないで知識と口ばっか増えていくのパパンの勤めじゃ。

水換え時、水槽の掃除も軽くやっていたんですが、つい、マロンお気に入りのイソゾウがくっついているライブロックを引っ掛け倒してしまいました。このライブロック、他の岩の上に3点で固定していたもんで、直し方が分からない。。必死で組み上げている途中、猛烈なタックルをくらわされてしまいました。マロン。。怖い。。でも痛くない。。

素晴らしいアタックです。フットワークも軽い!タックルしてはイソジに隠れ、タックルしてはイソジに隠れる。。卑怯です。

とりあえず何とか直したんですが。後でマロンを見ると背ビレがチョコッと裂けていました。
こりゃ、怒るわな。ごめんよ、マロン。自力で治してくれ。。

さて、水換えの前ですが、実は昨日、カッポ方の父が新居に来てくれました。両親は神戸に住んでいるので久々に会ったのですが、水槽もかなり気に入ってくれました。

嫁は勝手に「おじいちゃんが来たよ~」と心で妄想していたんですが。

ちびっ子達は恥ずかしがり屋で。。ライム坊やは砂にこそ潜らなかったものの、しばらく岩陰でそっと様子を伺っているようでした。そのうちイソイソ出てくる始末。他のオチビも穴に隠れていたんですが、どうにも我慢できなくなったらしく、しばらくするとコソコソ泳ぎ回っておりました。

ちゃんと皆を紹介できて良かった。父は皆見ることができました。

明日は母が来るので、今度は「おばあちゃんが来るよ~」と話しかけております。そのうち「お姉ちゃんも来るよ~。早く来いよ~」

親馬鹿で皆に見せたくて仕方ありません。モジモジしているオチビどもが可愛いのです。

最後に。ライムがまたもや便秘か!?60㎝になってからというもの、ライムの☆を見たことがありません。ライブロックも増え広さも倍になったんで、なかなかうん☆を見て健康管理する事が難しくなっています。昨日は突然パンパンにお腹が膨れててかなりびっくりしましたが、今日は昨日程ではないような気がする。。とゆー事はちゃんとしてくれているのだろうか。。それにしてもお腹出てます。前は体全体で「ライムどん」でしたが、昨日はお腹だけプックリしておりました。

ライムのうん☆を見ないと不安なママンです。大きなお世話だな。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-28 23:54 | マリンアクアリウム

新入りオチビ~’s 登場

さて。前回のブログでお初のオチビがおりましたね。我が家の引越し記念魚!という名誉有る任に就いたのは、サラサゴンベの「ゴンベ」(イントネーション有り)とニセモチノウオの「モッチー」です。この子達は守護魚「ボウボウ」(セミホウボウ)との面識はござりません。ボウに守られているとも知らずにな!フッフッフッ

---------------------------------------------------

バイコムアーク60 の調子があまりにも良いので、ヒンシュクもんに早いのですがこの子達を連れ帰る事になりました。この2匹、ショップでも同じミニ水槽内で同居していた仲良しさん(とゆー程でもないけど)。お話を伺うと結構長く居た売れないもん同志だったようです。

b0026541_0264629.jpg


サラサゴンベはカッポの好みで。仲間に「クダゴンベ」という、サラサゴンベの尻尾と口を持って引っ張ったみたいな細長い子がいます。カッポがダイビングで初めてピントを合わせて撮れた魚もクダゴンベでそれ以来カッポにはゴンベ類が好印象のようです。かく言う嫁も初めて名前を覚えた魚だったような気が。。そんな流れでカッポは前々からゴンベが飼いたかったようですが、サラサゴンベはクダゴンベを太っちょにしたような体型で嫁の好みではナッシング。それにいつも見かける子はちょっと大きいな~と思っていたんですよ。。ところが今回見つけた子はまだまだ小さい子で、とっても可愛い♪そんな訳でGoサインを出しました。

背ビレの先に房が付いていたり、赤いカラーリングがお洒落です。でも名前が「ゴンベ」なんで田舎臭いし顔つきは爺むさいぞ。

b0026541_0273616.jpg


ニセモチノウオはもちろん嫁の好みで。この子は現在2㎝くらいですが大きくなっても7cmくらいにしかならないそう。目に入っている2本の線といい、おちょぼ口にチョンチョン入っている模様とか、正面から見るとウルトラマンのようにしか見えん。小さくてサイケなのが元気良く泳いでんな~と嬉々として覗いたらこの子でした。

ベラフェチにはベラが寄る。

何となくそんな気はしておりましたが、ニセモチノウオもベラ。導かれています。

この「モッチー」水槽内で一番小さく、しかも新入りですから最初は結構みんなに苛められていました。

まずマロンちゃん。モッチーは最初「探検僕の町」(by NHK ムロさん)状態でライブロックやイソギンの側を泳いでいたんですが、マロンが鬼のような形相(?)でモッチーを追い掛け回しておりました。オイオイ…

ライム坊やもどうも気に入らないらしく(ベラは同種間ではケンカするので一緒にしない方がいいそうですが…)…自分の体の半分も無い子なんですがモッチーが近づくと(何故近づく!)気にいらなそうに追い掛け回しておりました。そのうちライムの目が警戒色の充血目になり砂に潜ってしまう始末。ぇええーー!!??何故お前が砂に潜る

なんでじゃ~、なんでおいらと違うベラがおんじゃ~!!

どんなに駄々っ子なんじゃ。

苛められているモッチーはと言うと。漢じゃ。追いかけられても平気のへいざで、気にせずイソギンにも近づくしライムにも近づく始末。小さいながらも気が強い子です。ちょっと「一休さん」の「どちて坊や」に姿が重なります。どんなに疎まれようと「どちて?どちて??」と聞きまくる「どちて坊や」。。

いつまでもいじめが続いてると隔離せないかんなーと見ていたんですが、昼過ぎにはマロンも落ち着き、砂から出てきたライムも新しいタンクメイトを受け入れたようでした。インディさんは、終始どーでもいいようでした。

我関せず。それよりも嫁よ。。おやつはまだ?

モッチーは一番小さい事もあってちょっと脅しをかけられていたようです。ゴンベは一人気軽に水槽の探検をしていたようですが、そのうちイソゾウの根元付近にいる事が多くなりました。マロンはゴンベはいいらしく(たぶんゴンベがちょっと大きいから)、自由にさせているようです。

ゴンベさん。様子を見ているとインディとキャラが被ってマス。基本的にはライブロックで休んでいるのが好きなよう。泳ぐ時もライブロックからライブロックへ飛ぶような感じであまりホバリングをするような子ではないようです。

この子は物凄くおりこうさんかもしれません。この子、うん☆をする時に排水口のスリットまで行ってするんです!うん☆はそのままツルンと排出されている模様。なんだ?すっきりするのだろうか。。過去3回程そんな様子を拝見致しました。

ニセモチノウオのモッチーは動きが素早く、写真のピントが合いません。常に動き回っているんですが、どうもライムの側に居る事が多いような。。慕っているのだろうか。。そいつは超チキン(愛情こもってます)ぜよ。

モッチーはベラですが、砂には潜りません。寝るときはライブロックの穴なんかで寝ています。ちょっと微笑ましかったのは、初日、インディがいつも使っている寝床でこの子が寝ちゃったんです。インディ、すぐ側のライブロックの影で一晩を明かしておりました。
今は30㎝キューブの時にインディが使っていた穴で寝ている様子。ちょっとインディのお兄ちゃんぶりを垣間見たようです。

オチビは皆可愛い。大満足ですが、大満足故に!

水槽内のバランスがてんでバラバラ。

有り得ない程の統一感ナッシングです。やはりおもろキャラばっか連れ帰るとこうなるか。。


----------------------------------------------------

ところで、嫁がいずれ欲しいと気軽に思っていた「ペパーミント・エンゼルフィッシュ」さん。最近魚の参考価格が載っている雑誌を手にしたんですが、

アバウト 120万 也。

どーゆーこと?「12×十万」って何??この雑誌に騙されているんだろうか…

ひかえ!!ひかえおろう~~!!

水戸の黄門様の顔つきが変わる一瞬を見てしまったかのようでした。

こんな恐ろしい値段でポックリいかれでもしたら、嫁は御茶ノ水博士を呼びます。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-26 00:31 | マリンアクアリウム

いつまでも引きずってはおりますが、元来こなな性格のため、おチャラけてきた。。

60㎝水槽のオチビどもを見た後にその下の棚を覗いてハッとしております。ちょうどボウの隔離水槽があった所でありまする。今だに頭の隅にはボウボウがいるらしく、本日、我が家の名誉海魚(会長ではない)、守護魚に認定いたしました。ボウよ、お空からうちのオチビどもを見守っておくれ。。

すぐにでも三代目ボウを連れて来たいのですが、セミホウボウのメインな時期は2月らしく、知っているショップでも見かけなくなりました。。まだ30㎝キューブを立ち上げてもいないのでどっちかっつーと水槽の立ち上げとマリンプランツを先に始めた方が良い様な気がします。セミホウボウを見つけた時にお迎えできるように。。できれば餌付いてくれている子がいいのでじっくり探そうと思います。きっとボウボウがいい子を導いてくれます。

ついでにカッポに対処方法の分からない子を連れてくるのはいかん!!と珍しく強く言われたのでちょっと様子を伺っています。。だって。それは正論じゃ!!でも正論なんか聞きたくないわっっ(涙)

連れてきて大事にした子には、たとえその後不幸があっても幸せだった時がある筈なんだいっっ(号泣)

----------------------------------------------------------------------

さて。いつまでも引きずっていたいのですが、そんなしんどいブログもいかがなものか。最近は画像の up もサボっているではないか、嫁よ!という訳で、本日は我が家のオチビどものおさらいを。

b0026541_23585643.jpg

↑ 一回り大きくなったライム坊や。顔の先に出るベラ特有の気持ち悪い模様もはっきりしてきました。相変わらずビビリっ子ですが、背に腹は代えられません。写真のレンズが怖いながらも、必死で嫁におやつをねだっているところ。

嫁!おひねり!!おひねり!!

すこ~し目が充血して(警戒色)、泣きそうな勢いです。もう良い!あとでちゃんとあげるから、しばらく向こうで遊んでいなさい!!ママンは忙しいの!

b0026541_04301.jpg

↑ インディさん。。ぴっちぴちの黄色いベイビーからダークホースに飲み込まれた魚、真っ黒ベイダー卿になり、今ではもう何が何だか(涙)。生ぬるい色で、油断すると白子になっています(水槽が明るい所に設置されたためと思いわれる)。

正直、何に惹かれて連れ帰ってきたのか、人に説明するのは難しい

うちの子だから可愛いが。時々嫁を盗み見します。嫁はジッと見返してやります。まだまだママンは負けんぞ~。

b0026541_0102972.jpg

↑ 60㎝立ち上げ時に大きく貢献してくれたマロンちゃん(多分男の子)。嫁が前の住みかと行き来していた時にはイソゾウ親子と上手にお留守番もできました。今日はなんだかホストの紹介写真のようで「ヒロシ」ちっくです。。御指名、ありがとうございまっすぅ~。

最近ちょっと悪くなってきました。ママンは知っているぞよ。

b0026541_0164638.jpg

↑ おや?

b0026541_0173151.jpg

これ何?!


--------------------------------------------------------

そんな感じで明日に続くのです。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-24 00:24 | マリンアクアリウム

訃報

嫁です。皆様から元気玉をいただいていたセミホウボウのボウボウ。本日 0:40 に☆になって旅立ちました。

最後はちょっと苦しそうでしたが、カッポと一緒に見送ってやることができました。

状況ですが、顔とエラ部分の壊死が進み、最後にはエラの壊死した部分が剥離した事で体に穴が開いてしまった状態です。呼吸が上手くいかず、たぶん痙攣もしてたのでショック状態にもなっていたんだと思います。ボウの体はそれ位脆くなっていたようです。薬浴。。一足遅かったのだろうか。。

餌の食いつきは昨日までは良かったです。ただ、今日は1粒2粒は食べましたが、食欲は無いようでした。

傷部分は赤黒く変色していました。

本当によく頑張ってくれました。もうちょっと一緒に頑張りたかったなあというのが本音ですが、ボウボウが楽になったんだと思ったらそれはそれで悔いはありません。

初代ボウと違って自分のやれる事はしてやれたと思います。こうなる前にもっと注意してやっていれば良かったんですが。。

ボウボウのおかげでセミホウボウの生態について少し知識が増えましたし、図鑑の説明を鵜呑みにする怖さも知りました(何が丈夫じゃ!!ボウはもっと繊細な魚じゃ!!)。ボウが回復したらマンボウ水槽のようにしてやろう…とか、砂地にマリンプランツ、低いライブロックのレイアウトにしてみようか…とかいろいろ考えてもいたので、またセミホウボウを見つけたら連れて帰ろうと思います。

嫁はセミホウボウマスターになる!!

できれば他の方のセミホウボウ飼育記も読みたいんですが。。あまりいないようなんで、嫁がパイオニアに。。こうやって考えられるのもボウボウのおかげです。

潜った時にセミホウボウを見つけたら号泣してマスクの中でコンタクトが外れそうな予感です(ToT) もしくはフラフラ付いて行って海の藻屑になる可能性大。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-21 01:22 | マリンアクアリウム

ボウの最近について

備忘録。

その前に。ブログを覗いてくださっている方、ありがとうございます。←なんでかっつーとですね。もの凄く心細いのだ!!ボウボウの治療の経過が芳しくない上に、治療の情報がどうしても少ない海水魚飼育。嫁も本を読んだりサイトを探したりはしているのですが、

どうも確実な治療方法がない!←ここまで進行すると。

ぬお~!ゴゴゴー!!ボウの様子を見るたびに何時間でも覗いていそうな勢いになりますわ。見てても治らんのですが。そしてここのところはずっとボウのケガについて考えているのですが、いかんせん

知識も経験もない!

考えるだけ無駄なのです。反省はできるが前に進めん。元気玉をボウに渡す手も震えるわ。。

-------------------------------------------------


セミホウボウのボウボウさん。現在エルバージュの薬浴中。24時間毎に全換水です。

海水は新しく作った物と60cm水槽の方の水を半々くらいで作っています。ペーハーショックが怖いので、ボウを入れなおす時は水合わせしています。

ボウはジッとボーっとしており、口をパクパクさせています。ちょっと呼吸が荒いような気がしなくもない。でも苦しくて堪らんようには見えません。

傷口は化膿というよりももう一段階進んだのではないか。赤く爛れています。お腹にもちょっと爛れが広がっているかもしれん。今までお腹は確認していなかったんで、広がったのかケガをした時からなっているのかよく分かりませんが…爛れ…と言うか、腫れと言うか。腫れて何か(たぶん表皮)モサモサしたものが付いています。タダレって言うのかな、こういうの。

餌はよく食べるんですが、うん☆(失礼)もよくしています。ちょっと?ってくらい。メインタンクにいた時ってこんなにうん☆してたかなー?消化がちゃんとできていないんではないか、大変不安です。

サブタンクなんて味気ない所でボウをずっと閉じ込めておきたくないので回復の兆しを見せて欲しいのだけど。

覚悟(←何の?)がまだできてません、嫁。でもセミホウボウのマスターになる気満々なんですが。カオスの中でビチビチしている今日この頃です。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-18 01:20 | マリンアクアリウム

続々と元気玉が届いております。

ここを覗いてくれた方の元気玉を勝手にいただいております。ドラエモン募金と一緒なシステムです。

昨日新しい家具が来たんですが、無理をして一人で全て2階に持ち上げてしまいました。とくにテーブルの硝子は特筆すべき事に

どうやって一人で運んだのだ!

とカッポに聞かれる程のでかさと重さ(分不相応でした)。ええ。たぶん誰が見てもこれを一人で運んだとは思うまい。業者の方が他の物を持ってきてくれた時のちょっとしたコツを盗み見ただけでやってみたんですが、

途中死にかけました!

無理をしてはいかん。今日の嫁は劇画を通り越して

燃え尽きたジョー

状態です。現実逃避のためお邪魔したいくつかのブログにコメントもいろいろ残してきたんですが、訳の分からない文章になっているかもしれません。頭も燃え尽きています。(そうそう。これがマグロの腹の中状態とも言うべきか←3/15のコメントを見よ!)

-------------------------------------------------------

引っ越ししてから二子玉川によく出没しております。昨日も行ってまいりました。二子玉川に入っている紀伊国屋にはペットコーナーに「ザ・海水魚」とゆー、有名な海水魚飼育の本があるのです。どこかのサイトさんでこの本に「魚の病気や怪我についても詳しく書いてある。」と書いてあったので立ち読みしに来ました(買いたいんだけど、続編らしい本を買ってしまったので。。この本買ったほうが良かったかも)

病気に関しての記述ですが、他の本にもよく出ている病気もももちろん載ってますし、怪我についても書いてありました。詳しくは覚えてないんですが、嫁の恐れている言葉

ビブリオ

の名前が怪我の項目に書かれておりまたまた劇画チックに固まった嫁でございます。

ゴゴゴゴー(昨日と同じく嫁のバックに配置してください)

このビブリオ菌めが体内に入ると一般の飼育者が手に入れれない薬が必要なようです。つまり泣く泣く処分する事になると。怪我に付くばい菌からのビブリオ菌はなんとか治せそうですが。。

エラ部分もやられているらしいボウボウはどうなんでしょうか。やってみるしかない。

エルバージュの塗布は傷口が小さい場合、傷の数が少ない場合有効。範囲が広い場合や傷が複数の場合は薬浴でも良いようなんで、昨日から薬浴に切り替えております。

ボウさん。いたって日常生活を営んでいるようです。薬浴中ですが、今朝もご飯食べてました。うん☆もしております。

小さな水槽なんであまり餌をやりすぎるのはよくないんですが(水質悪化のため)、セミホウボウは泳ぐ訳ではないので、元気のバロメーターをどこで測っていいものやら分からん。唯一ご飯の食いっぷりでボウの体力を推し量っている嫁です。

ママンに身を預けな!!

と言っているのですが、グウグウ(威嚇)されているような気がしなくもありません。胸ビレ広げてでっかい擬眼を見せ付けてくるし。

笑止千万!

嫁は今、鬼になる。。お前が治るまでは30㎝キューブは立ち上げんぞ。広いところでのんびりしたいのなら完治するが良い!

----------------------------------------------------------

そんな訳でボウボウとの戦いはまだまだ続いている嫁でございまする。

そうそう。ライム坊やと愉快な仲間達は本当に愉快です。

ライム坊やはオリジナルテーマ曲を持っているんですが(DJ ナマティ(行進曲:サンダーバード)のようなパッチもんではない)、まさに

ラララ ラーイムちゃん♪ ラララ ラーイムちゃん♪←ちゃんと曲になっておるとです

な状態でオチビどもが元気良く泳ぎまくっております。



投げっぱなまんまでブログ終了します。燃 え 尽 きた。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-16 12:49 | マリンアクアリウム

嫁、右往左往ビチビチ

嫁です。物が片付かない…体力勝負な日々が続いております。

新しく立ち上げた方の水槽はまったく問題ナッシング。「バイコムアーク」、本当にお勧めです。濾過槽とかもすっきりしているし、白と黒のカラーがあるので部屋の雰囲気にも合わせられます♪バイコムアーク好き好き隊(っつーか、これしか使ったことないんす)

---------------------------------------------------------------

ところで。ボウボウがどうもダメです。「調子良さそう」やら「もうダメかも」やら繰り返して

一体どっちなん、嫁よ!!

と思っていらっしゃるそこのあなた!あなたは正しい。しかしそれこそが海水魚初心者の嫁の真の姿だ!ありのままを受け止めるが良い。

週末に我が家は人間も引越しした訳ですが、その日ボウボウを見た時は顔も怪我して白い身(?)が見えてる感じ。エラは怪我の部分がちょこっと化膿(?赤くてモヤモヤしていた)しておりました。でも前の家で居たときよりは良く思えたのです。

隔離水槽でのんびりしてたし。夜も暴れまわる事がなくなったし。。

ところが昨日。塗り薬と換水を♪とご機嫌でボウを捕まえた嫁は劇画調な顔になってしまいました。

ゴゴゴゴゴゴー(とゆー擬音を劇画な嫁のバックに配置してください)

ボウの顔が化膿している!エラ部分も、エラも!エラ?エラがうっすら透けて見えてないか??!

うお~、これは、これは本当にマズくなってきているぞ!ママンの愛情入り塗り薬が効いていないどころか毒を塗りこんでいるようにしか思えない状態ではないか!

なぜ、ママンの愛を受け入れぬ。ボウよ。

もしかして今度こそ本当にボウはヤバいかもしれません。皆さん、覚悟しといてください。

嫁はとりあえず治療を続けて様子を見てみようと思います。ボウボウはまだガッツいており餌はバクバク食ってくれているんですが、これもいつどうなることやら。。

-------------------------------------------------------------

そ、そうだ。覚悟しとく前に、元気玉溜めといてください。ボウに投げつけます!!
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-15 16:15 | マリンアクアリウム

引越し完了。皆無事でする~

嫁です。何とか人間も引越し完了しました!でもパソコンが遅くなったんで、ちょっと大変。ブログ頑張って書くぞ~(← 引越しの片付けは?)

ライム坊やは今日になってようやく顔を見れました。昨日も引越しが終わった後に買出しに出掛けた後に一度出てきたらしく、カッポと嫁が家に戻ってきた時には、ライブロックに砂が。。

あ~、ライム出てきてまた潜ったな。

と丸分かりな感じです。犯人にはなれんな。

今回の水槽は水流も強くなったんで、場所によっては皆軽く必死に泳いでおります。ライムも今までのところ(30㎝キューブ)は馬鹿にしたようスイスイフワフワしていたんですが、そんなつもりで泳いでいたらしく、突然水流に流される場面も。フフン♪ダイエットにちょうどいい。
これを機にライムどんからライム坊やに戻って欲しいママンです。

ボウボウもくやしいくらいに元気。誰も干渉しないので、結構のんびりできているようです。

とりあえず、引越し完了のご挨拶をば。また買出しに行ってまいります。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-13 14:16 | マリンアクアリウム

嫁、セミホウボウに怒られる の巻

引越しの準備に飽きてきました。テトリスなれども、上手に積めども、消える訳もなく。。つまらん。

--------------------------------------------------------

ライム坊やの引越しが完了した事は備忘録にて。引越しは順調のようです。今のところは大丈夫であろうと思われる子ばっかり連れて行っているんですが、ライム坊やが本当に大丈夫かは土曜くらいにならないと分からないと思われます。たぶん明日は砂から出てこないんじゃないかなー。水槽の大きさが倍になりセミホウボウのボウボウを隔離するので、アンモニアとかが急激に増える事は無い、と信じたい。

明日はいよいよボウボウの引越しです。引越し自体は大丈夫な気がしますが、外傷が気になります。

彼(彼女?)には今塗り薬を塗ってやっています。お手製。魚を飼ってない方は「塗り薬?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、塗り薬なんですよ。

炎症の緩和、殺菌用として薬浴に使われる薬と、水質を魚好みにしてくれる(ストレス緩和とか書いてあった)液状の物を練って使います。でも、練り物塗っても水槽に戻すと溶けたり剥がれたりしてる。。どれくらい効くのか分かりませんが、少なくともライム坊やの体に血が滲んでいた時もこのお手製練り薬(ママンの愛情入り)を付けてやっていました。外傷もきれいになくなり、皆さんご存知なようにスライディングヘッドができるまでになっております。ボウボウも治ってくれないかなー。。嫁の淡い期待です。実際はまったく変化ナッシング。不安です。

寝るときも部屋のライトを1つ付けてやるようになってからは夜中、大暴れしなくなりました。タツノオトシゴなんかは夜も真っ暗にしてはいけないそうです。これと同じようにセミホウボウも真っ暗にしちゃダメだったみたい。いくつかのライトを使って少しずつ水槽内が暗くなるようにすれば大丈夫かもしれませんが。。今の所ライトがそんなに無いので。。

さて。

今日はボウとママンだけだよー。

b0026541_22592787.jpg
↑ 2月頭のボウ。まだ外傷がひどくない。。水槽を一回りして着陸する寸前です。格好良いですが稀です。

と話しかけつつご機嫌に水槽を覗く嫁。ボウは泳ぐ子じゃないんで微動だにしませんが(ボウとの温度差を感じます)。たまに見ると体の向きが90度回ってるって感じ。お前も…お前も俺様チックだな。インディ(我が家の俺様チックインドカエルウオ)の着ぐるみか??!!

明日からは狭いサブタンクに収容するので塗り薬が付けれません。狭いだけでもセミホウボウにはつらいと思うので、他のストレスを溜めたくないし。

なんで、今日は昨日に続きしっかり塗るぜ!とばかりにボウボウを捕獲。そして昨日以上に今日はエラにしっかり薬を塗ろうと素手で固定していたんですが。。

グウッグウッ

なんだか可愛らしい音がします。でも明らかに人口の音でもないし、かといって心地いい音ではない。無駄な抵抗にもかかわらず頑張ってなーって感じの音。。

グウッグウッ

こ、これは!!!。。嫁の指の間から聞こえる謎の音。何かしら申し訳ないような怒られているような気分になる嫁。

なんとボウボウが怒っている音だったようです。ホウボウって威嚇音出すっけ??ボウボウは薬を塗られている間中

グウッグウッ

と嫁に怒りまくっておりました。ヘッヘッヘッ、怖くないも~ん。そんなんよりイソギンにぶつかって呼吸困難に陥っている方がよっぽど怖いもんね~。

b0026541_2313182.jpg
↑ なんだか活き活きしているのでエサを食べている途中と思われます。いつもはもっと淀んでます(涙)。


-----------------------------------------------------

ところで。セミホウボウを検索すると、(ダイビングで撮った写真が多いですが)胸ビレにきれいな青色がのっている画像が多いです。我が家のボウはそんな色ついてません。茶色です茶色!茶色と白のみ!地味じゃぁ。なんだその青色は?潜った時もそんなきれいな色の付いている子を見たことないんだけど。。ちょっと羨ましい嫁。

それから水槽に入れても何日かすると行方不明になっちゃう子が多いみたいですね。。胸ビレが大きいのでライブロックに引っかかって力尽きるのかもしれません。あと夜中に暴れているのをみると水槽から飛び出そうとしてぶつかっている事が多いようです。

ぬう~。セミホウボウ、手強し。ボウが来るまではライム坊やに泣かされていた嫁も、今はライム坊やに頼っている(精神的に)気がする。お兄ちゃんになったなぁ、ライムよ。
[PR]
by umiwarabe | 2005-03-10 22:56 | マリンアクアリウム


海カッパ(マリンアクアリスト)に憧れる陸カッポが海水魚飼育に挑戦、日々の奮闘を綴…ってないので嫁が綴る。


by umiwarabe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

カテゴリ

全体
マリンアクアリウム
ダイビング
雑記
LA PAZ
移動するハゲの謎
チェコ旅(+オーストリア)
モルディブ旅
'06 チェコ・フランスふらふら旅
'06 タヒチ
未分類

リンク

最新のトラックバック

[博物館]国立科学博物館..
from 風のまにまに(by iron..
インドカエルウオ
from やってみっか!
ホウボウ飼育は珍しい
from Coralisland 海水..
『史上最大の動物』
from シーラカンスの憂鬱

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧