カテゴリ:ダイビング( 6 )

宇佐美 ログ:ビーチ編

宇佐美ダイビングセンター3本目はビーチを潜りました。

もう既に夕方になりそうな午後。ビーチではカッポと2人、コンパス見ながらのダイビングです。恐ろしい事にカッポのメインコンパスが壊れており、頼りは嫁のコンパスとカッポの簡易コンパス(簡易だけど小さいだけでちゃんと使えますよ)。

嫁が位置を把握できなくなったら死ぬんだろうか。。(いやいや、頑張れよ)

そんな気がしなくもないですが、ここのビーチは北側にあるんで万が一でも北に向かって進めばなんとかなります。そんな遠くに行かないし。ただし、ビーチは全て航路。海面に頭を出すと危ないのでちゃんとエントリースロープまで戻らねばならぬぞよ。

ナビも兼ねててちょっとドキドキですが(とは言えカッポは嫁を信じていないので自分でも確認してます。ちゃんと2人とも把握しておかないといけないしね)、なんと、今日は嫁の水中カメラマンデビューの日。今までカメラを持って潜るカッポをちょっと疎ましく思っておりましたが↓

だって、カメラ持ってるとガイドから離れちゃう時だってあるし、ずっと同じ所から動かないから嫁は寒くて死にそうになるんだよ!!ラパスで海の中で偏頭痛起きてつらかった時もカッポはバラクーダーの群れに狂喜乱舞で側に居てくれなかったしさっっ!!

そんな理由があるのだ。世の水中カメラを持つ人々よ、許せ。

チビチビ~'s の写真を撮り始めてそろそろ海の中でも撮ってみたかったのでちょうど良いとカッポのカメラを奪い水中写真に挑戦しました。

でも嫁、寒がりな上に波酔いするんだよ~。最悪なんだよ~。しかも。

エントリーしてすぐにシリキルリスズメダイみたいな子達を見つけちゃったから波があるのにジッと撮ってたよ~。馬鹿だよ~~。。← 後でカッポにあんな小さい子達はマクロレンズがないと無理だし、あっても難しいんだから。。と言われる。でも撮ったぞ。

b0026541_1230272.jpg


さっそく波酔いを感じなくもない嫁。だがカッポはそんな事を露とも知らずどんどんGoサインを出します。行きますよ。。ええ、フィンキックしますとも。。

では嫁が撮った貴重な写真をば。サラサエビの親とベイビ~達が岩場でワラワラしてて可愛かったよ。

b0026541_123153.jpg
↑ おかん

b0026541_12315297.jpg
↑ その子供

そしてなんと!まるで嫁のカメラデビューを祝うかのように立派なミノカサゴのペアがvv 美しい~~!!

ほれ、ヨメ、デビューおめでとー。何なら撮らせてあげてもいいけどー。

b0026541_12322597.jpg
↑ペアが離れていたので嫁の技量では2匹同時撮影は無理でした。。

そんな感じでしつこい嫁にも当たりは優しく、しばらくするとゆっくりどこぞへか行ってしまいました。。

帰り際にはアオリイカのベイビー達に遭遇。編隊を組んで水面付近を颯爽と泳いでおりました。颯爽としつつも波に翻弄されているところが可愛かった。。

b0026541_12341292.jpg
↑ カッポ撮影。水面付近で小さく透明。おまけに近づくと逃げるので撮るの難しい~。

楽しい1日でした。そしてどっぷり疲れたよ。嫁、前の晩寝れなかったから帰って即効爆睡でした。だいたいいつも怖い夢を見ているんですが(何かストレスが。。?)、夢も見ないですっきりでした。

おまけ:
ボートで潜った時の追加写真。カッポ撮影

b0026541_12352667.jpg
↑ ヒフキヨウジ。初めて見ました。子供らしいけどでかかった。。タツノオトシゴをでかくして伸ばしたみたいです。

b0026541_12373860.jpg
↑来たーー!!!ベラっっ!!! キモっとか思ったらやっぱりベラだった。。オハグロベラの婚姻色。普段はもっと地味らし~。ライムちゃんの面影がなくも。。ない。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-18 12:38 | ダイビング

宇佐美 ログ情報は後で載せるずら。とりあえず写真だけ。。

とりあえず写真をば。まだまだあるんですが・・コメントとかは後じゃ。 ← 更新したぞ!

宇佐美ダイビングセンター ('05/8/15)

ポイント:
1本目・カーゴ石 (ボートダイビング)
2本目・長根(ボート)
3本目・ビーチ


フルウェット5㎜スーツ + フード付きベスト(フードはモジモジ君になるのでせず)
平均水温22℃(ただし、水深15~18mはたぶん18℃くらい)

カーゴ石:
マツカサウオ、 アカホシカクレエビ、 トビエイ、 ハナオトメウミウシ、 ベッコウタマガイ(うん☆みたいなやつです。ウミウシの仲間だって)、 オハグロベラ


長根:
オルトマンワラエビ(我が家の「おむすび」に似た子だが、こっちの方がめんこい)、 ヒフキヨウジの子供(でっかいヨウジウオ) 、 アナゴ(砂から顔だけ出してた)、 サツマカサゴ、 ビニイザリウオ(きれい!岩陰に潜んでいるくせに派手!)、 トラフケボリタカラガイ(トラ柄の小さい宝貝)

b0026541_11524342.jpg
↑ いつも側にいた(?)フグ。いっぱいおりました。

b0026541_11524392.jpg
↑ 自然界で初めて見たよ!マツカサウオ。岩影に潜んでおりましたが、素晴らしい黄金色でした!

b0026541_11552450.jpg
↑ でけえ!6㎝はあったぞ。ハナオトメウミウシ…「花乙女」。。またドスコイ系かよ。。

b0026541_11553353.jpg
↑ サツマカサゴ。白いカサゴです。

b0026541_1157342.jpg
↑ おおっモ~レイ~。ウツボはよっけ(=たくさん)おりましたが、皆小ぶりでした。シャ~シャ~します。

知っておくとちょっと嬉しいミニ知識をガイドさんが伝授してくれました!

其の一:マツカサウオの肌触りはストッキングをザラザラの痛んだ手で触った時のような感触。しかもトロ~リ~なので結構簡単に捕まる。しかもザラザラしているので捕まえると逃げにくい。伊豆大島のポイントでは鬼のようにワラワラ マツカサウオが居る所があって、その岩陰に手を突っ込むと指の間にビチビチとマツカサウオが引っかかるぞ。

其の二:海の生き物はトラ柄だと「フ」がなぜか付いてくる。「トラフケボリタカラガイ」とか「トラフカラッパ(満腹君みたいなトラ柄の蟹じゃ)」とか。。
[PR]
by umiwarabe | 2005-08-17 11:57 | ダイビング

静岡県宇佐美ダイビングセンター に行ってきましたが、疲れたので更新が途中なのね。

昨日約9ヶ月半ぶりのダイビングに行ってまいりました。場所は静岡県にあります「宇佐美ダイビングセンター」。去年も行っているのでなんとなく慣れた感じです。

ここの魅力はお昼がセンター内のちょっとお洒落なレストランで食べれること。ダイビングの日のお昼はガイドを頼んだところが調達してくれたお弁当が多いんですが、正直、息もできん海の中で運動しているようなもんですから普通のお弁当は喉がつかえちゃって。。おまけに油物なんか入っていたらウップウップな弱い嫁なんで、自分で選べるのが何よりも嬉しいのです。

そしてセルフダイビングができる!探せば結構できる所はあるかと思いますがガイドさん無しで、自分たちのペースで潜れるのでちょっと刺激があって楽しいです。ここでは主にセンター目前のビーチで潜りますが、エンターの入り口すぐの準備場所にタンクがたくさんおいてあり、「ハイ、好きなだけどうぞ。」と言う感じで置かれているので、気軽に使えて嬉しい♪

ついでに荷物は全て先に送っちゃいました。100人に言うと、かならず100人が「何故?」と聞くのですが、我が夫婦はウェットスーツを持っておらず、機材は持っているのです(普通はウェットスーツを先に購入します)!ウェットスーツって、なかなか乾かないんで持って帰る時に気持ち悪いのです。そして意外にかさばる。そんな理由なんだか機材が単に欲しかったのかそれはど~でもいいんですが、荷物が少なくて済むとゆーのは本当にありがたい。引越しして電車の乗り換えなんかも増えたもんですから大層便利です。

そんな訳でやってまいりました、カッポと嫁。今日の予定は2本ガイド付きのボートと、午後からはセルフダイビングで頑張れるだけ潜る。。という予定でありました。

事前にホームページでログを確認していたんですが、ずっと引っかかっている数字が。。

水温 : 24℃~18℃

じゅ、じゅうはち℃ぉ~~??なんなんでしょうか。。こんなんウェットで潜れるんでしょう~か。たぶん下に潜るにつれて寒くなってくるんでしょうが、そんな温度、体験した事あるかな。。ってか、またお友達「ハナミズ~」がやってくるんだろうか。。いや、やってくるだけならいいが、そんな所でお魚を探していたらきっと嫁の手が震えて2本目以降のダイビングに関わってきそうだな。。18℃とはそんな水温です。嫁にとっては。(でも水温なんて個人的なもんですから。半袖のウェットで潜っている人もいてビビリました)

結果的に元気にこれを書いてるから問題なかったんですが、やっぱり下の方は鬼のような寒さでした。お魚なんてど~でもいいよ!!もう帰りたいよ!!下にいる時(水深15メートル辺り)はこんな感じでしたが、上がるにつれ、風呂のように気持ち良くなってました。とにかく温度差が激しかった。。

もう地球もいよいよヤバそうです。ガイドの方にもこの時期に下があの水温ってのはおかしいと言われました。この時期よくいる死滅回遊魚もほとんど見かけないとの事。台風が少ないから黒潮(だっけ?)に乗ってニモばりにやってくるベイビ~達も少ないそう。

今のうちに楽しい事はたくさんやっておいた方がいいですね(!)

ガイドさんも冗談ながらにそうおっしゃっていました。宇佐美、今のうちに行っとけよっっ(ビシっとな!)

では肝心のログブック。ちょっとご紹介。








[PR]
by umiwarabe | 2005-08-15 20:39 | ダイビング

皆様、お電話のご用意を!

嫁です。昨年からずーーっっと気になっていた事、スマトラ沖の地震、津波の被害について。

言わずもがな連日報道されているスマトラ沖の地震、津波ですが、ダイバーにとっては自分達があの日あの辺りにいてもおかしくないくらい身近な場所じゃないでしょうか。我が家でもダイビングする場所を探す時にはカッポがよく候補に挙げているように思います。

私達は行った事がないのですが、アンダマンはダイビング雑誌でよく特集されるほど海が美しく、またリゾートとしても人気です。そこが今大変な事になっている。。

26日の当日は休日という事もあって嫁とカッポが地震の事を知ったのはその日の夜。テレビのニュースをやっていない事もあって(でも嫁はそんなでっかい地震なら特集組んでいると思いました。大事な事を報道しないニュース。。なんじゃそりゃ。)、ネットのニュースをひたすらサーフィンしてたんですが、その時は死者2万人、との情報でした。「すごく大変な事になってるよー、ダイバーとか大丈夫なのかなー!!」と驚いていたのが嘘のように、今死者が15万人に近づこうとしています。

多くの日本人、外国の人、現地の人の安否ももちろんですが、あまり情報が流れないダイビング目的で現地に滞在していた方の安否が心配です。先ほどネットで検索してみると、HPで現地の状況等報告されているダイビングショップを見つけました。

edive
ダイブ アジア

まだ探すといっぱいあると思うのですが、とりあえずBBSで現地の様子、安否情報もかわされています。スタッフの方もご自身が大変ながらいろいろ復興に向け頑張っていらっしゃるようです。

書き出すといろいろあって。。ハネムーンでお世話になったモルディブのリゾートはスタッフも旅行者も皆無事でした。建物は多少被害にあったようですが、それでもとにかく人が無事で良かった。でもただでさえ沈みつつあるモルディブ。モルディブが存在する時間も縮んでしまったんでしょうか。それにあの美しい海、その他諸々の物が元に戻るのにどれくらい時間がかかるんだろう。

津波のあった時間を考えると、ダイバーの安否が人事ではないです。1本目を潜った頃だったり船の上だったりと思うんですが、とにかく心配です。

そんな訳で。我々にできる事をご案内しようと思います。いつでもどこでも(でも電話がいる、携帯ではダメらしい)ドラエモン募金。さぁ、ゴウッ!!

テレビ朝日 ドラエモン募金

0990 - 53 - 5000

ここにかけると1回につき100円募金できます。会社のパソからここを覗いているあなた!そう、そこの君だ!!君も会社の電話でぇ~ ゴウッ!!
[PR]
by umiwarabe | 2005-01-04 23:33 | ダイビング

prepreラパス - まだまだ続くよナガイ道のり -

モルディブで「スクーバダイバー」の資格を取り、その後は勢いで伊豆大島にも行きました。

でもやっぱりスクーバー。電話で問い合わせしても「あぁ、OWに毛の生えたやつね。」となかなか先行き不安な答えばかり。

そんな中お世話になったPenshon101さん。みなさんとても親切でした。帰り際に早く OW にグレードアップした方がいいね、と言われつつお別れして、ついに今年の2月、パラオにてOW 、そしてこれまたアドバンスに毛の生えた「アドベンチャーダイバー」までようやく辿り着きました。それにしても、毛ばっかり生えて、カッパの頭じゃあるまいし。へなちょこリゾートダイバーなんでまとめて取れないんですよね。旅行期間が短いし。せっかくパラオまできて資格ばっかり取るのももったいないし。と言いつつパラオで海洋実習してもらったんだけど。

そしてモルディブから1年、カッパの休みが取れるごとに、やれパラオだ、沖縄だ、ニューカレドニアだ、伊豆だと旅立ったへなちょこリゾートダイバー、カッパ夫婦はこの10月末にラパスに旅立ちます。

パラオや沖縄、そしてプチパニックダイバーになってしまったニューカレドについては別稿します。資格取得の備忘録も付けたいし。勢いで作ったカテゴリだけど、もうちょっと分かり易く道のりを書き直そうかとも思います。

なかなかラパスについての情報が出ないあたり、カッパの嫁らしいブログです…ごめんちゃい…
[PR]
by umiwarabe | 2004-10-15 16:38 | ダイビング

prepre ラパス - ラパスに旅立つまでの鬼のように長い序章 -

新しいカテゴリを作ってみました。マリンアクアリウムよりも先にはまった趣味なのにね。そんな訳でダイビング。

ずっと憧れだったダイビングの資格を取ったのは昨年の夏。カッパとのハネムーン先、モルディブで「スクーバダイバー」を取ったのが始まりでした。この資格、OW よりも前の資格で15m以上は潜れないし、制限がいろいろあるしで日本ではなかなか使えない代物資格。でも限りあるハネムーン日数と資金ではこれがいっぱいいっぱいの選択だった訳です。そのおかげでハネムーンのロマンチックでリゾートな夜は徹夜の試験勉強。リゾートのほとんどをダイビングに費やし、疲れた体をスパで癒し、鞭打って翌日のダイビングに備える…という体育会系な中にちょっぴりラグジュアリーな日々のモルディブでした。もともとダイビング目的で行った訳ではなかったので、カッパが強く勧めてくれなければ今でもライセンスは取っていなかったかもしれません。いや、取っていなかったであろう、憧れのダイビング…あの時取って本当に良かった(冷汗)こんな楽しいスポーツないですからね!

カッパも私もまったく体育会系ではなく、へなちょこ体力。加えて私は海が怖いんです…泳げるけど…息が出来ない所なんて、とんでもなく恐ろしい!!と思っていたんです。

でもダイビングって、本当に新しい世界が開けますよね。日常生活と色彩がまったく違う…何か新しい事を始めてみたかった私にはぴったりでした。モルディブの透明度の高い海は、怖がりの私にぴったりだったと思います。水に入っても周りがよく見えるし。水の中が明るいから変に不安にならないし。海洋実習でも思ったより落ち着いて練習ができました。

と、言いつつ。最後の試験中、マスククリアーでとんでもなミスを犯した私。マスクをクリアーする際、鼻から息を出してマスクの中の空気を抜くんですが、空気が抜けたと思って何気に鼻を吸うと水が入る入る目が痛い痛い(コンタクトしてましたが、流れなかった)…いくらマスククリアーしても鼻から水が入るんです。今思えばワースト2に入る恐ろしさでした。パニックになる私。インストラクターのメグミさんとカッパに落ち着け~落ち着け~と宥められ、自分も落ち着け~と3人で輪になり両手を上下する様(落ち着け~のポーズです)は今思えば笑えます。後から聞くと、レギュから出る泡を見て鼻から空気を出していると勘違いしていたらしい私。つまり鼻から空気出してなかったのぉお~?!ありえない話ですが、そういう事らしいです。思っていたよりは緊張していたという事か。鼻から水を通しちゃって痛かったけど、そんなに痛くはなかったですよ。パニクったけど。この時点で海から上がると一生怖さで潜れないと悟った私は、落ち着け~のポーズを取りながら必死で海に残りました。

その想いはインストラクターのメグミさんにも伝わっていたようで、実習試験の前に一番私が怖がっていた、「マスクを全部はずして何分間かレギュで息をする」という項目も最後に回してくれたそうです。これは本当に何でもなかったです。この時の写真をカッパが撮っているのですが(カッパは余裕。やっぱりカッパ。カッパらしく中性浮力とかも抜群です)、写真を見ると私の必死な様がよく分かります…でも前のアクシデントでこの時の記憶は曖昧。あれよあれよと試験が進んでいった感があります。
b0026541_22532681.jpg
↑オバQ嫁


さあ、ようやく試験に合格した訳です。

ラパスまでの道のりがナ~ガ~イ~~
[PR]
by umiwarabe | 2004-10-15 16:11 | ダイビング


海カッパ(マリンアクアリスト)に憧れる陸カッポが海水魚飼育に挑戦、日々の奮闘を綴…ってないので嫁が綴る。


by umiwarabe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

カテゴリ

全体
マリンアクアリウム
ダイビング
雑記
LA PAZ
移動するハゲの謎
チェコ旅(+オーストリア)
モルディブ旅
'06 チェコ・フランスふらふら旅
'06 タヒチ
未分類

リンク

最新のトラックバック

[博物館]国立科学博物館..
from 風のまにまに(by iron..
インドカエルウオ
from やってみっか!
ホウボウ飼育は珍しい
from Coralisland 海水..
『史上最大の動物』
from シーラカンスの憂鬱

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31