モルディブ旅。。 - スティング・レイの誘惑 編 -

3日目。。夕方

さて、思いっきり遊んだ後の夕方。。我々は4時半のボートに乗って姉妹リゾート「バンヤン・ツリー・モルディブ・ヴァビンファル」に行ってまいりました(5分くらいで着きます)。貧乏暇無し。とことん遊びます。

b0026541_21433562.jpg
↑日にちが違う写真だけど。。バンヤンに向かうボートからアンサナを見る。の図。行ってきま~す、バイバイキ~ンッッ(^o^)/

こちらの島はアンサナよりも全体的に高級でお値段もそれなりにします。部屋は一戸独立型のコテージらしく、巻貝をイメージしたとんがり屋根が特徴だそう。アンサナと同じく水上コテージはございりません。島はアンサナより大きいよん。

それから各コテージのマークはこちらはお魚でした!アンサナは貝だったんだよ。「サメ」とかならいいけど(実際あった)、「タコ」とか切ないよね~、アハハハハッッとかカッポと話していたんですが、「タコ」なんていないか。ヨーロッパって「タコ」は悪魔の生き物だっけ。。?

姉妹リゾートというだけあって、ボート・ダイビングは毎日バンヤンに寄って一緒に潜っていました。ボートの行き来も基本的には2時間おきにあり(夜は時間が変わるから要注意)、ギャラリー(お土産屋さん)とか食事を楽しみにアンサナの宿泊客はこっちによく来るようです。逆にバンヤンの滞在客はスノーケリングとかビーチ・ダイビングでアンサナに来るみたい。島の大きさや宿泊料が違うだけに、食事に来たりお土産を見に来たりする人はいないかも。。

お土産屋さんもアンサナは小さいから。バンヤンの方がスペースもあって見るには楽しかったっす。ま、嫁はどこに行こうが「どこで一体こんな量を。。ってか何故こんな小さな店でこんなにお金を使うのっっ嫁!!(カッポ号泣)」とゆーくらい買い物をするがな。

ボートがバンヤンに着くと、カッポ家はさっそくビデオを回します。アンサナよりもはるかに長い桟橋をフラフラ歩き、リーフを見ておりましたが。。魚はアンサナの方が多いかな。リーフが広いので全体的にのっぺりした感じ。あ、でもダツがいたよ、ダツ。小さいダツの群れがおりまして、それはちょっと羨ましかったっす。

ちなみにダツとは。。細長い魚で、鋭く長い口(く。。ち。。?)を持っております。ヨウジウオをでかくして伸ばして太刀魚のテクスチャーを貼り付けた感じ(謎な説明)。水面をフワフワしている事が多いのですが、明るい物に向かって高速で泳いでくるのでナイト・ダイビングの時とかは本当に注意が必要です。ダツとぶつかると体に穴が開くからね。

さて。そんなダツを見て大喜びのヨメ。ビデオを回しまくって一人勝手に(ビデオに向かって)喋りまくっておりましたが、遠くの方でカッポの声が。。

あぁ、無駄にダツに夢中だったな。。

カッポの方を向くと、砂浜で結構な数の人達が何やら喜んでいる様が。

あ?え、何?エイ?エイ??

途中まではビデオに向かって「浜では何やら人が集まって大騒ぎしております。。」だのMCチックに喋っていたんですが、途中から画像が乱れる乱れる。。どうやら走っているらしいヨメ。遠くのほうで「エイだ!エイだ!!エイらしいー!!」とか言っている自分の声も入ってて、もう何がなんだか。。なんだこの記録ビデオ。

我々、4時半アンサナ出発のボートでバンヤンに行ったんですが、ちょうど良い時間だったようです。バンヤンでは夕方浜でエイ(スティング・レイ。初日の夜桟橋で見かけた例のエイだ)の餌付けを行っており、ちょうどその少し前に着いたようでした。

ビチビチしているエイを目前に大騒ぎするヨメ。皆が触っているので触ってよいもんだと勝手に思い込み

エイ・マスターを目指す!

b0026541_21482424.jpg
↑エイ・マスターを目指してます、今。

とかなんとか言ってます。。ビデオで。。アホか。

本当は触っちゃダメなんだって。。ゴメンなさい。一応桟橋の先にエイの説明があるんですが、そこに行く前に喜んで浜に下りちゃったんで知らんかったのよ、ヨメ。

エイはですね。尻尾に棘がありまして、毒はあったかな。。気を付けないといけない生き物です。でも餌付けされているエイはビチビチであった。。総勢11匹くらいがビチビチしどおしであったよ。海水に足を付けているとエイが餌をくれるもんだと勝手に近づいてくるのです。ヒレの先ははんぺんのような柔らかさ。そして背中はよく財布なんかで売られている革と同じくザラザラ。

そんでもってそのでかさ。尻尾を含めない本体だけでも1メートル弱はあったべさ。どの子もよっっ!しかもかさ高いの~。もう素敵すぎました。

b0026541_2149483.jpg
↑ 実はみんなでエイ・マスターを目指しています、今。

餌付けが始まってからはこれまたビッチビッチと大騒ぎ。どの子も必死に餌を食べようとスタッフに近づくのですが、海面を飛ばんばかりにビチビチしている小デブがおりました。

スタッフ(我々が見ていた時はガイドをしてもらっていた Makikoさんであった。)にタックルしまくり、足元をすくわれそうな Makikoさん。餌を素手でエイの口元にやっておりました。フガフガ言いながら食べるエイ。。お、お前たち。。もしやブル(我がフレブルじゃ。ブヒブヒ言うのじゃ。)の着ぐるみか。。?

聞くと一匹赤ちゃんがお腹にいるお母さんエイがいるんだって(水しぶきを飛ばしまくっていた例の小デブだ。)。おお!どすこい母さん。あっぱれ、あっぱれ!

しばらく喜んで見ていたんですが、バンヤンに来た第一の目的はお土産屋(もっと何にもないとこを楽しめよ。。)だったんで、そこそこにリゾート内の散策を始めることに。

レセプションを抜け、左手のバーに隣接する形であるのがバンヤンのギャラリー(=お土産屋)もちろんさっそく入ります。

こちらのお店はアンサナの2倍くらいでしょうか。アンサナはショップが狭いのです。リゾートのお土産屋さんってそんなもんですが、ここも同じく。そしてリゾートにモルディブ!ってゆーお土産はなく、リゾート!!ってゆーお土産が多いので、マレーシア製の物とかいっぱい。でも良いのです。欲しいものは欲しいのでヨメは気にせず買う。

ヨメが一番好きなお土産はお香とかアロマオイル~♪これはアンサナで自分のコテージに用意してくれているのと同じ物が買えます。

ちょこちょこお買い物してあとは島の散策とか。時間があまったんでバーでお酒を飲んだりしてのんびり過ごしました。

が。

今度はビデオが結露が付いたとかで勝手に終了。。び、ビデオさん、、大丈夫ですか・・・ちょっと大丈夫なの~~~!!あんたまで死なないでよーっっ。。

ちょっと一人でいさせてください。(by ビデオ)

す、すみません。。

殻に閉じこもる(= 結露が取れるまで使えない)ビデオ。むむむむむ~。。どうも今回の旅は電気と仲が悪いようじゃ。

殻に閉じこもったビデオを連れ、6時半のボートでアンサナへ買えるカッポとヨメ。

3日目も無事終了です。。

b0026541_22252823.jpg
↑ こちらも素敵なリゾート、バンヤンツリー。
[PR]
by umiwarabe | 2005-11-24 22:24 | モルディブ旅


海カッパ(マリンアクアリスト)に憧れる陸カッポが海水魚飼育に挑戦、日々の奮闘を綴…ってないので嫁が綴る。


by umiwarabe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

カテゴリ

全体
マリンアクアリウム
ダイビング
雑記
LA PAZ
移動するハゲの謎
チェコ旅(+オーストリア)
モルディブ旅
'06 チェコ・フランスふらふら旅
'06 タヒチ
未分類

リンク

最新のトラックバック

[博物館]国立科学博物館..
from 風のまにまに(by iron..
インドカエルウオ
from やってみっか!
ホウボウ飼育は珍しい
from Coralisland 海水..
『史上最大の動物』
from シーラカンスの憂鬱

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31