ライムラスの歩み - 週末日記 - by カッパの妻

先週末はいろいろ出掛けていたのでなかなか up できませんでした…カッパも結局現れず、今や嫁の独壇場?

今日は先週末を含めて、頑張って思い出してみマス。

-------------------------------------------------------

・テストフィッシュとして我が家の一員になったライムラスについて

9/11(Sat) 0日目
BICOM の濾過槽一体型システム水槽(水作りが1日で終了するらしい脅威のセット!)を準備、ライブロックを入れて水作り。

9/12(Sun) ライム登場:1日目
行き着けのアクアショップにてヤエヤマギンポ(太郎)とライムラス(ライム)を購入。
水合わせ後、水槽に入れる。夜だったこともあり、ライムラスはすぐに砂に潜る。ギンポは岩陰でジッと動かず。
ライムのヒレに白っぽい点を1つ発見。尾びれもちょっとボロボロになっているところが見られる。初めての魚購入でちゃんと確認するのを忘れていた(涙)

9/13(Mon) ライム登場:2日目
朝になってもライムの姿は確認できず。ライムラス(別名トロピカルカラーラス)はベラ科のため、日が昇ると砂から出てきて日が沈むと砂に潜る習性がある。午後まで待って、結局砂をいじる。生存確認。ただし餌は食べず。結局、夕方前にまた砂に潜ってしまった。
体の点に変化は無し。白点病じゃないような気がする。

ヤエヤマギンポの太郎が15時ごろに☆になる。30分前までは観察していたんだけど、その時は呼吸も普通でおかしな様子もなかったのに。結局水槽に入れて1日で☆になってしまった。ごめんよ、太郎。まだ小さいギンポだったけど(2.5cmくらい)、突然死んでしまうこともあるとの事。反省しつつもやっぱり理由が分からない…水合わせが早かったのかな…

9/14(Tue) - 17(Fri) ライム登場:3日目 - 6日目
週の半ばは毎日特に変化もなく、朝にちょこっと顔を出して昼過ぎに砂に潜るという二度寝を続けていたライム。体の点も移動することはなく、ヒレのボロボロがちょっと進んでいるのかなぁという感じ。購入したショップに相談もしたが、もう少し様子を見たほうがいいという事で治療は見合わせる。この時点では、水槽内の魚はライム1匹だけ。

9/18(Sat) ライム登場:7日目
朝起きるとすでにライムは起床済み。水槽を覗くとライムが近づいてきてこちらを覗くようなしぐさ。魚ってこっちが見えてるのかな?と思いつつ、いつも食べない人口餌(マリンテック:SURE - Stype浮遊性 -)をやってみる。なんと!初めて食べてくれました!しかも浮遊している餌をつつくために水槽内を上昇。餌の適量はライムの体が5cmくらいなので、付属のスプーンの1/4 くらいかな。2、3分で食べられない餌はスプーンですくってしまうようにする。

この夜、新しい仲間、インドカエルウオのインディが到着。もちろんライムは就寝中。

9/19(Sun) ライム登場:8日目
ダイビングのため早起き。いつもより3時間は早いけど、ライムが起きてきたので餌をやって出掛ける。帰ってくるころにはもちろんライムは就寝中。

インディはお山の大将よろしく、ライブロックの上の方でくつろいでいる。なかなか様子は良好。こちらの餌はもっぱらライブロックのコケのよう。人口餌には慣れないかも…

9/20(Mon) ライム登場:9日目
ライムの体調は相変わらずのようだが、ヒレのボロボロが顕著になってきた。こすっているのかヒレ付近の皮膚に充血が見られるので薬浴を実行。詳細は別ブログを参照のこと。

9/21(本日!) ライム登場:10日目
変化なく元気。食欲も変わぬ様子。薬浴の影響もよく分からないが、悪くなっている様子はない。皮膚の充血も広がっていないかな。今日は昨日ショップの人に教えられた通り薬浴はせず、様子をみることにする。

-------------------------------------------------------------

駆け足でした。

ところで、多くのショップがそうだけど、水作りが1日でできあがる、というのはなかなか受け入れられない事実らしい…様子見が必要なのは分かるし、1日や1週間程度でホイホイ魚を勧められるのもどうかと思うけど。BICOM- ARK - を使用したビギナーの感想としては、ちゃんと水作りはできているのではないかと(9/22現在)カッパが測っていましたが、アンモニア、亜鉛酸、硝酸塩、全てオッケーらしいです。

ショップに行っていろんな話を聞いている時に、BICOM- ARK - で水作り1週間目って分かるといくつかのショップでは本当に呆れ顔でこちらと話をする所があったけど、ちょっと失礼なんじゃないかと接客業をしていた嫁は思う。
ビギナーと言えどちゃんと本で勉強はしているし、お客によっては無茶な飼育をする人もいるのかもしれないけど…こちらとしてはちゃんとメーカーが太鼓判を押し入るから魚を入れているんだし、ビギナー向けの本にも使用している水槽のメリットは書いてある。飼育状況が違うので100% 鵜呑みにして良い訳ではないけれど、生き物を飼う責任云々の前に接客業としていかがなものか?!短気な嫁はかなり不快な思いをしたショップがあった。(このブログで紹介している所はそんな短気な私のオススメショップです)
[PR]
by umiwarabe | 2004-09-22 12:08 | マリンアクアリウム


海カッパ(マリンアクアリスト)に憧れる陸カッポが海水魚飼育に挑戦、日々の奮闘を綴…ってないので嫁が綴る。


by umiwarabe

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 01月
2011年 08月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 06月
2009年 05月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月

カテゴリ

全体
マリンアクアリウム
ダイビング
雑記
LA PAZ
移動するハゲの謎
チェコ旅(+オーストリア)
モルディブ旅
'06 チェコ・フランスふらふら旅
'06 タヒチ
未分類

リンク

最新のトラックバック

[博物館]国立科学博物館..
from 風のまにまに(by iron..
インドカエルウオ
from やってみっか!
ホウボウ飼育は珍しい
from Coralisland 海水..
『史上最大の動物』
from シーラカンスの憂鬱

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31